葬儀代払いたくない

葬儀代を払いたくないので調べてみました

葬儀費用

葬儀費用とか比較するなら見積をとる方法は?

投稿日:

葬儀費用とか比較するなら見積をとる方法は?

まったくやる気がない人がどうしても許せないkど親の葬式費用に困っているあなたへ

葬式借金

 

香典の上の部分の文字は、ほとんどの場合御霊前、御香典・御香料、が一般的。
葬式をすること事態は絶対しなければならなないという法律がある?これは、そんな法律はありません。
ですが、遺体は火葬しなければなない義務はあります。
だから、実際は葬儀屋さんに依頼する方法しかないんですよ。
葬式に必要な金額は、調査によるとおおよそ200万円前後という結果のようです。
この数字はあくまでもいわゆる平均です。
もっと請求がきて困った親族も多いはずです。
なので、「火葬式だけ」の直葬(チョクソウ)してしまうなどシンプルにしてしまう事も可能です。
不祝儀でしてはいけない事の一つがお香典に包むお札。
地方ややり方の相違もあったりしますがピン札は使わないようにすることはほとんど同じな感じです。
お葬式に必ず必要な香典袋に包むお金で気をつけたいのは新札はダメということ。
これは失礼になってしまうから控えましょう。
通常の葬式だったら故人をしのぶために、お通夜に友人や知人が集まってもらいます。
次は、葬式・告別式を一緒に行うこういう流れでで送り出します。
それ以外にも、兄弟や子供がいないとかの場合身内とお世話になった人だけですませる家族葬(かぞくそう)という方法もあります。
あなた自身の葬式は出来たらこうして欲しいと思っていますか?私だったら葬儀なんていらないとみんなに言いたい感じです。
簡単に言うと、お通夜も告別式もなくていい、非常に簡単な方法でかまわないと思っています。
マジで。
そうですね、、汚れたお札やグチャグチャの紙幣を使用することも礼儀違反ですね。
最近は葬儀の形が変化してきています。
目立つのは、通夜とか宗教儀式もせずに故人を直接に火葬場に移動して、そこで最期とする”直葬(ちょくそう)"が増えているとのこと。
いいことは、葬儀のお金を抑えることや、身内だけとか限定できることです。
分ったんですけど、全部シンプルな”直葬”という方法をご存知でした?直葬を選択した人の多い意見は「親の貯蓄がないから」っていう感じがほとんどかも。
意外にも、「葬式はいろいろ面倒だから」と考えてる人も現実にいます。
様々な人たちの心の叫びのようですね。
いきなり病院で紹介された葬儀屋を決めるのは勇気もいるし大変ですよね。
ボッタクリとか信用できないけど他がないとか?やっぱり色々と見積もり取るのもいいね。
それと、大体の金額を調べておくのが大切です。
やることが多いのは分かっているけど、何があっても平和にやりとげたいものです。
もし香典に真新しいお札を使うなら一度折って使った感じをつけるならマナー違反にならないですね。
これだと失礼にならないですね。
お通夜の時の新札は、あたかも逝去の知らせを察知していると思われるようでやっぱり失礼です。
なので、不祝儀には向いていないと考えられています。
年をとったら終活や葬儀のことなどを考えることは必要です、あなたはそういう年齢ですか?ネットで調べてもいいから準備しておくべきです。
たとえば、「どんな葬儀にする?」「絶対知らせたい人は?」「大事な書類の場所は?」とか。
事前にそれとなく聞き出すのも幸せかと。
今以上にドンドン高齢化がやってきます。
ということは、知り合いも高年齢事態にになります。
そしてなんですが、近所との付き合いも少なくなっているのでお葬式はしなくてもいいて感じの結論が多いのです。

 

-葬儀費用

Copyright© 葬儀代払いたくない , 2019 All Rights Reserved.