葬儀代払いたくない

葬儀代を払いたくないので調べてみました

葬儀費用

父親の葬儀費用を回収するにはちゃんと葬式して香典かな

投稿日:

葬儀費用を回収するにはちゃんと葬式して香典かな

人の話をよく聴くと言われているけど親の葬式費用が不足しているあなたへ

葬儀費用工面

 

近頃は葬儀式の形式が変化してきています。
目立つのは、通夜とか宗教儀式もせずに直接に火葬式をしてしまい、そこで最期とする「直葬(ちょくそう)」もどんどん増えています。
いいことは、葬儀の費用がお安いことや、出席者を限定できることです。
聞きますけど、費用がお安い《直葬》というやり方があることを知ってた?直葬を選んだ人の理由は「お金がもったいないから」っていう感じがほとんどかも。
それから、「葬儀はやりたくない」と考えてる人もも少なくないです。
様々な人たちの心の叫びのようですね。
お香典の上の部分の文字は、仏教の場合御霊前、御香典・御香料、ですね。
普通の葬式だったらお悔やみのために、お通夜には親戚や周りの人が参列していていただきます。
だいたい次の日に葬式して告別式を一緒に行うという順番でで送り出します。
また、兄弟や子供がいないとかの場合ほんとの身内だけで行う「家族葬」という方法もあります。
お葬式っていうのは法律で決められた事なのか?これは、法律のような義務はありません。
ですが、遺族の方は火葬する義務はあります。
ですから、実際は葬儀社にお願いするしかないのです。
今からドンドン高齢化になってきています。
そうなると、友だちや親戚も年寄りが多い事態にになります。
それから、地域の人との付き合いもほとんど無くなっているのでお葬式はしなくてもいいとなるわけです。
それから、汚いお金やくしゃくしゃのお札を使用することも礼儀違反ですね。
お通夜の時の新しい紙幣は、何か逝去の知らせを分っている感じで失礼にあたります。
ということで、お通夜には向かないとという常識もあります。
葬式に用意するお金は、雑誌に載っていた記事によるとだいたい200万円前後という結果のようです。
コレはだいたいの平均的な数字です。
これ以上請求がきて困った親族も多いはずです。
なので、通夜と告別式を1日で行う『直葬(ちょくそう)』でやってシンプルにして抑えることもできます。
不祝儀で避けたいこととして大事になるのが香典のお札。
地方や宗教の違いもあったりしますが新しい紙幣は使用しないようにすることはだいたい同じな感じです。
あまり考えたくないけど葬儀のことなどいずれやってきます、あなたはそういう年齢ですか?少しでも事前に準備しておくのが良いですよね。
例えばですけど、「どこでする?」「誰を呼ぶ?」「重要な書類はどこ?」など。
事前に友人を使って何気なく聞くと後が楽です。
あなた自身のお通夜と告別式はこうしたい希望はありますか?私なら簡潔にしていいと強く言いたいです。
ということは、お通夜も告別式もなくていい、スッキリした儀式でいいと最近思っています。
すごく。
いきなり病院で紹介された葬儀社を選ぶのは至難のワザですよね。
全部どんぶり勘定とか、信用できないけど他がないとか?やっぱり色々と見積もり取るのもいいね。
心配なら内訳を見て追加がないか確認することです。
突然なので全てやるのは大変だけど、何があっても平和にやりとげたいものです。
もし香典にピン札を使う場合一度折って折り目などをつけるならマナー違反にならないですね。
これだと失礼にならないですね。
お通夜に必ず必要なお香典に入れるお金でミスしそうなことですが、新札はダメということ。
こういうのは良くないことになってしまいます。

 

-葬儀費用

Copyright© 葬儀代払いたくない , 2019 All Rights Reserved.