葬儀代払いたくない

葬儀代を払いたくないので調べてみました

葬儀費用

親の葬式は家族葬にしたいですが何処に頼む?

投稿日:

家族葬にしたいですが何処に頼む?

もっと叫喚する人生が欲しいけど親の葬式代も払えないので困っているあなたへ

葬儀費用どこから

 

近頃は葬儀のやり方が変化してきています。
目立つのは、通夜も告別式も実施せずに故人を直接に火葬場に移動して、身内だけでやる”直葬(ちょくそう)"もどんどん増えています。
期待されることは、葬式のお金を抑えることや、身内だけとか減らすことができる。
お葬式なんですが絶対しなければならなないという法律がある?実は、決められていません。
しかし、遺体は火葬しなければなない義務はあります。
なので、実際は葬儀屋さんに頼むしかないんですよ。
分ったんですけど、費用がお安い「直葬」って知ってました?直葬にした人の多い意見は「葬儀費用がないから」っていう感じがほとんどかも。
また、「葬儀はやりたくない」という人もも少なくないです。
様々な人たちの考え方はたくさんありますよね。
あまり考えたくないけど亡くなった後のことなど考えるべきです、あなたはそういう年齢ですか?ネットで調べてもいいから準備しておくべきです。
たとえば、「家族葬にする?」「交際範囲は?」「重要な書類はどこ?」とか。
やんわりとそれとなく聞き出すと後が楽です。
お葬式に持っていくお香典の中に入れる紙幣で気をつけたいのはピン札はダメということ。
ついやってしまいそうですが失礼になってしまうから控えましょう。
それから、汚れたお札やグチャグチャの紙幣を用いるのもマナー違反という感じです。
今以上にすごく死亡年齢が高くなるになってきています。
ということは、同僚も年齢が高い事態にになってるはず。
そしてなんですが、近所との付き合いもほとんど無くなっているのは分かっているので家族葬でいいて感じの結論が多いのです。
すぐに病院で紹介された葬儀屋を決めるのは心配でしかありませんよね。
ボッタクリとかなら断るべきか?だからネットでも安心できる大手がいいね。
それから、相場をあらかじめ知っておくことは大事。
やることが多いのはつらいけど、何があっても段取りよくやりとげたいものです。
お通夜でしてはいけない事の一つが香典袋のお札。
地方ややり方の違いとかいろいろありますが新しい紙幣は使わないという事はだいたい一緒ということです。
葬式に掛かった費用は、アンケートによると平均で195万円前後という結果のようです。
この数字はだいたいの平均的な数字です。
これ以上高くなって払えない親族も多いはずです。
なので、通夜と告別式を1日で行う『直葬(ちょくそう)』してしまうなど簡単にして抑えることもできます。
あなた自身のお通夜と告別式はこうしたい希望はありますか?私は全部省略してもいいとみんなに言いたい感じです。
簡単に言うと、お通夜、告別式さえも行わないややこしさなしの方法でかまわないとすごく思うようになりました。
本当に。
香典袋の表書きは、ほとんどの場合御霊前・「御香典」「御香料」が一般的。
どうしても香典にピン札を使う場合1回以上折って使った感じをつければいいかも。
これだと失礼にならないですね。
普通の葬式なら故人をしのぶために、お通夜に身内やお世話になった方々に出席してもらいます。
だいたい次の日に葬式して告別式を一緒に行うという感じで送り出します。
それ以外にも、亡くなった人が高齢とかなら家族と近親者だけでやってしまう家族葬(かぞくそう)という選択肢もあり。
葬式の時の新しい紙幣は、あたかも悲しいお知らせに備えていたようでやってはいけないことです。
なので、葬儀には避けるべきとマナーがあります。

 

-葬儀費用

Copyright© 葬儀代払いたくない , 2019 All Rights Reserved.