葬儀代払いたくない

葬儀代を払いたくないので調べてみました

葬儀費用

葬儀費用はどこから調達して払うのか悩んでいます

投稿日:

葬儀費用はどこから調達して払うのか悩んでいます

商売やFXや株などの投資は自己責任と認識しているけど身内の葬式費用が払えないあなたへ

家族葬

 

親の年齢も考えると葬儀のことなどを考えることは必要です、あなたはそういう年齢ですか?ネットで調べてもいいから準備しておくべきです。
たとえば、「家族葬にする?」「絶対知らせたい人は?」「大事な書類の場所は?」とか。
なんとなく信頼できる人を使って聞いておくのは必要ですね。
お香典の表書きは、ほとんどの場合御霊前・「御香典」御香料、でした。
近年は葬式のやり方が次第に変わってきています。
なんと、通夜も告別式も実施せずに直接に火葬式をしてしまい、身内だけでやる”直葬(ちょくそう)"もどんどん増えています。
メリットは葬式全体の費用がお安いことや、参列者を減らすことができる。
今からもっと高齢化になってきています。
ということは、友だちや親戚も年寄りが多い状況にになってるはず。
そしてなんですが、近所との付き合いも減っているので火葬だけでもいいて感じの結論が多いのです。
そうですね、、薄汚れたお札やグチャグチャの紙幣を用いるのも失礼ですね。
葬儀の時のピン札は、あたかも訃報に備えていると思われるようでやってはいけないことです。
ということで、葬儀には避けるべきとという常識もあります。
通常の葬儀なら故人をしのぶために、お通夜には親戚や周りの人が参列していていただきます。
そして翌日に葬式して告別式を実施する、という順番ででお別れとなります。
でも、兄弟や子供がいないとかならほんとの身内だけでやってしまう家族葬(かぞくそう)という選択肢もあり。
不祝儀でしてはいけない事として大事になるのがお香典に入れるお金。
地域や宗派の違いもありますが新札は使わないという事はほぼ一緒な感じです。
葬儀全体に掛かった費用は、雑誌に載っていた記事によるとだいたい195万円前後という数字が出てきたようです。
コレはあくまでも平均的な数字です。
当然これより掛かって驚いた人たちもいるわけです。
ですから、通夜と告別式を1日で行う直葬(ちょくそう)でやって身内だけにして簡略もできます。
もし香典に使っていないお札を入れる場合1回以上折って折り目やシワならいいんではないでしょうか。
これなら失礼にならないですね。
突然に親戚などの紹介の葬儀屋を決定するのは心配でしかありませんよね。
ボッタクリとかなら断るべきか?やっぱり色々と見積もり取るのもいいね。
それから、内訳を見て追加がないか確認することです。
やらないといけないのは大変だけど、何があっても普通にやりたいものですね。
葬式をすること事態は絶対しなければならなないという法律がある?実は、そんな法律はありません。
でも、遺体は火葬しなければなない義務はあります。
なので、通常は葬儀屋に依頼する方法しかないわけです。
あなたは、費用がお安い「直葬」って知ってました?直葬にした人の多い意見は「葬儀費用がないから」というのが大半だとか。
また、「葬儀はやりたくない」と考えてる人もも少なくないです。
色々な人の心の叫びのようですね。
あなた自身の葬儀はどうしたいなんて考えたことありますか?私は全部省略してもいいと思っています。
つまり、お通夜、告別式さえも行わないややこしさなしのやり方でいいすごく思うようになりました。
すごく。
お葬式に必ず必要なお香典に入れるお金で気をつけたいのは新札を入れてはいけません。
こういうのは良くないことになってしまうから控えましょう。

 

-葬儀費用

Copyright© 葬儀代払いたくない , 2019 All Rights Reserved.