葬儀代払いたくない

葬儀代を払いたくないので調べてみました

葬儀費用

父親の葬式費用自分で兄弟でもめましたけど

投稿日:

葬式費用自分で兄弟でもめましたけど

いつも準備段階で挫折してしまって親の葬式のお金が全然ないあなたへ

火葬代払えない

 

親の年齢も考えると亡くなった後のことなどいずれやってきます、あなたはそういう年齢ですか?少しでも事前に準備しておくのが良いですよね。
例をあげると、「どんな葬儀にする?」「誰を呼ぶ?」「保険とか大切な書類は?」など。
やんわりとそれとなく聞き出すのも幸せかと。
普通の葬儀なら亡くなった人のために、お通夜に友人や知人が集まってもらいます。
だいたい次の日に葬式して告別式を実施する、こういう流れで送り出します。
それ以外にも、亡くなった人が高齢とかなら家族と近親者だけで行う家族葬(かぞくそう)なんてことも可能です。
最近は葬儀のやり方が次第に変わってきています。
目立つのは、通夜とか宗教儀式もせずに直接に火葬式をしてしまい、ここで終わる”直葬(ちょくそう)"が増えているとのこと。
期待されることは、葬式の費用がお安いことや、参列者を限定できることです。
葬儀に掛かった費用は、雑誌に載っていた記事によるとだいたい190万円前後という数字が出てきたようです。
でもこの金額はだいたいの平均的な数字です。
もっと請求がきて払えない喪主の方もいます。
ですから、火葬だけを行う直葬(チョクソウ)してしまうなど身内だけにして簡略もできます。
香典に書くのは、仏教の場合「御霊前」「御香典」「御香料」が一般的。
今以上にすごく死亡年齢が高くなるになっています。
となると、友だちや親戚も年寄りが多い事態にになってるはず。
ましてや、近所との付き合いもほとんど無くなっているのは分かっているので火葬だけでもいいて感じの結論が多いのです。
葬儀の時の新しい紙幣は、あたかも逝去の知らせに備えていると思われるようでやってはいけないことです。
ですから、お通夜には向いていないと考えられています。
すぐに親戚などの紹介の葬式屋さんを選ぶのは勇気もいるし大変ですよね。
全部どんぶり勘定とか、にあったらどうしよう?ですから事前に調べておくのがいいね。
それから、内訳を見て追加がないか確認することです。
やらないといけないのは分かっているけど、騙されないで平和にやりとげたいものです。
お葬式なんですが絶対しなければならなないという法律がある?実際は、法律のような義務はありません。
でも、遺体は火葬しなければなない義務はあります。
ですから、通常は葬儀屋さんに頼むしかないわけです。
もし香典に使っていないお札しかないなら数回折って折り目やシワならいいんではないでしょうか。
これなら失礼にならないですね。
あなたの葬式はどうしたいなんて考えたことありますか?私は簡潔にしていいと思っています。
簡単に言うと、お通夜も告別式もなくていい、ややこしさなしの儀式でいいと最近思っています。
マジで。
聞きますけど、全部シンプルな「直葬」って知ってました?直葬にした人の考えは「お金がもったいないから」というのが大半だとか。
それから、「お葬式はめんどくさいから」と決めている人もも少なくないです。
私の友人たちの心の叫びのようですね。
不祝儀で避けたいことの一つが香典に包むお札。
地方や宗派の相違もあったりしますがピン札は入れないという事はほとんど一致ということです。
それから、汚い紙幣やくしゃくしゃのお札を用いるのも礼儀違反になってしまいます。
お葬式に必ず必要なお香典の中に入れる紙幣で気をつけたいのは新しい紙幣を入れてはいけません。
これは良くないことになってしまうから控えましょう。

 

-葬儀費用

Copyright© 葬儀代払いたくない , 2019 All Rights Reserved.