葬儀代払いたくない

葬儀代を払いたくないので調べてみました

葬儀費用

葬式を借金してするしかないのかな

投稿日:

葬式を借金してするしかないのかな

近い将来ビジネスで成功してリタイヤしたいけど葬儀代が不足しているあなたへ

火葬費用お金がない

 

葬式をすること事態は法律で決められた事なのか?これは、そんな法律はありません。
しかし、遺族の方は火葬する義務はあります。
ですから、通常は葬儀社に依頼する方法しかないのです。
こういう、汚れた紙幣やグチャグチャのお金を用いるのも礼儀違反という感じです。
自分の葬儀はこうしたい希望はありますか?私なら全部省略してもいいと強く言いたいです。
つまり、お通夜とか葬式も全部なくてもスッキリしたやり方でいい思っています。
すごく。
これからもっと高年齢化になってきています。
ということは、同僚も年齢が高いということにになります。
それから、近所との付き合いも減っているのは分かっているので火葬だけでもいいとなるわけです。
普通の葬儀なら亡くなった人のために、お通夜に友人や知人が集まってもらいます。
そして翌日に葬式・告別式を同じ日にやってしまうという順番ででお別れとなります。
でも、故人の年齢が高い人とかだったら家族と近親者だけですませる「家族葬」という選択肢もあり。
突然に親戚などの紹介の葬儀社を決定するのは勇気もいるし大変ですよね。
ボッタクリとかにあったらどうしよう?だから事前に調べておくのがいいね。
それと、内訳を見て追加がないか確認することです。
突然なので全てやるのは分かっているけど、いろいろあっても普通にやりとげたいものです。
親の年齢も考えると葬儀のことなど考えるべきです、でもなかなか出来ませんよね。
なんでも、事前に準備するのが一番ですよね。
例えばですけど、「どこでする?」「交際範囲は?」「保険とか大切な書類は?」などなど。
なんとなく信頼できる人を使って聞いておくと後が楽です。
聞きますけど、全部シンプルな”直葬”という方法をご存知でした?直葬にした人の考えは「親の貯蓄がないから」というのが大半だとか。
また、「お葬式はめんどくさいから」という人もも少なくないです。
様々な人たちの考え方はたくさんありますよね。
お通夜の時の新札は、何か逝去の知らせを察知していたようで失礼にあたります。
ですから、葬儀には避けるべきと考えられています。
葬式のマナーになるになるのがお香典に包むお札。
地方や宗派の関係もありますが新札は使わないという事はほぼ一致です。
仕方なく香典に使っていないお札しかない時は数回折って使った感じをつけるならマナー違反にならないですね。
これだと失礼にならないですね。
お葬式に必ず必要な香典の中に入れる紙幣でミスしそうなことですが、新しい紙幣を入れてはいけません。
ついやってしまいそうですがマナー違反になってしまいます。
葬儀全体に必要な金額は、アンケートによると平均で200万円前後という結果のようです。
コレはだいたいのいわゆる平均です。
これ以上高くなって驚いた人たちもいるわけです。
そういう時は、通夜と告別式を1日で行う直葬(チョクソウ)でやってシンプルにして抑えることもできます。
近頃は葬儀式の形が変化してきています。
それは、通夜や告別式を行わずに遺体を火葬場に送って、そこで最期とする『直葬』が増えているとのこと。
期待されることは、葬儀の費用がお安いことや、参列者を無理に呼ばなくていいことなどです。
香典袋に書くのは、ほとんどの場合御霊前・「御香典」御香料、ですね。

 

-葬儀費用

Copyright© 葬儀代払いたくない , 2019 All Rights Reserved.