葬儀代払いたくない

葬儀代を払いたくないので調べてみました

葬儀費用

母親の火葬代が払えないけどお金を借りるしかないかな

投稿日:

火葬代が払えないけどお金を借りるしかないかな

なんだか心の平穏がなくて親の葬儀代をどうにかしたいあなたへ

葬儀費用踏み倒し

 

葬儀全体に必要な金額は、雑誌に載っていた記事によるとおおよそ200万円前後という数字が出てきたようです。
コレは絶対必要ではなく、平均的な数字です。
当然これより高くなって払えない喪主の方もいます。
そういう時は、「火葬式だけ」の直葬(ちょくそう)という方法でシンプルにして抑えることもできます。
普通の葬式ならお悔やみのために、お通夜には親戚や周りの人が参列していていただきます。
だいたい次の日に葬式・告別式を同じ日にやってしまうという感じで送り出します。
また、亡くなった人が高齢人とかだったらほんとの身内だけでやってしまう家族葬(かぞくそう)という方法もあります。
葬儀に持参するお香典の中に入れる紙幣で注意したいのはピン札を入れてはいけません。
ついやってしまいそうですがマナー違反なので注意ですね。
そうですね、、汚れた紙幣やくしゃくしゃのお札を使うのも失礼になってしまいます。
お香典の表書きは、どの宗派でも御霊前、御香典、御香料ですね。
自分のお通夜と告別式はこうしたいなんて考えたことありますか?私だったら葬儀なんていらないと思っています。
簡単に言うと、お通夜とか葬式も全部なくてもややこしさなしの方法でかまわないとすごく思うようになりました。
マジで。
仕方なく香典にピン札を入れる時は1回以上折って折り目などをつけるならマナー違反にならないですね。
これならマナーは守られてる感じ。
最近は葬式のやり方が変化してきています。
それは、通夜も告別式も実施せずに直接に火葬式をしてしまい、身内だけでやる”直葬(ちょくそう)"が増えているとのこと。
期待されることは、葬式のお金を抑えることや、出席者を減らすことができる。
親の年齢も考えると葬式のことなどいずれやってきます、でもなかなか出来ませんよね。
ネットで調べてもいいから準備しておくべきです。
例をあげると、「どこでする?」「誰を呼ぶ?」「重要な書類はどこ?」などなど。
やんわりとそれとなく聞き出すのも幸せかと。
分ったんですけど、費用がお安い《直葬》というやり方があることを知ってた?直葬にした人の多い意見は「葬儀費用がないから」というのが大半だとか。
また、「葬式はいろいろ面倒だから」と決めている人もも少なくないです。
様々な人たちの意見はあるものです。
お通夜でしてはいけない事として大事になるのが香典袋に包むお札。
地方や宗派の違いもあったりしますがピン札は使わないようにすることはほぼ一致です。
葬式の時の新しい紙幣は、何か悲しいお知らせに備えていると思われるようでやってはいけないことです。
ということで、お通夜には向かないとという常識もあります。
お葬式っていうのは必ずするべきだという法律はある?実際は、法律のような義務はありません。
しかし、遺族は火葬はしなければなりません。
義務です。
だから、通常は葬儀社に依頼する方法しかないわけです。
いきなり親戚などの紹介の葬儀社を決めるのは勇気もいるし大変ですよね。
ボッタクリとか信用できないけど他がないとか?やっぱりネットでも安心できる大手がいいね。
それから、大体の金額を調べておくのが大切です。
やることが多いのは大変だけど、騙されないで普通にやろうではありませんか。
これからもっと死亡年齢が高くなるになってきています。
そうなると、友だちや親戚も高年齢状況にになります。
それから、近所との付き合いも減っているのは確かだから火葬だけでもいいって必然的にるわけです。

 

-葬儀費用

Copyright© 葬儀代払いたくない , 2019 All Rights Reserved.