葬儀代払いたくない

葬儀代を払いたくないので調べてみました

葬儀費用

身内の葬儀費用を工面するには借金するしかない?

投稿日:

葬儀費用を工面するには借金するしかない?

いつも中途半端だと悩んでいるのに親の葬式費用に困っているあなたへ

葬式費用自分で

 

葬儀全体に必要な金額は、アンケートによるとだいたい200万円前後という数字が出てきたようです。
コレは絶対必要ではなく、平均です。
もっと掛かって困った親族も多いはずです。
ですから、火葬だけを行う直葬(チョクソウ)でやって簡単にして簡略もできます。
今からドンドン死亡年齢が高くなるがやってきます。
そうなると、同僚も年齢が高い状況におちいってます。
そしてなんですが、地域の人との付き合いも減っているのでお葬式はしなくてもいいて感じの結論が多いのです。
あまり考えたくないけど亡くなった後のことなどいずれやってきます、あなたは考えたことありますか?少しでも事前に準備しておくのが良いですよね。
例をあげると、「どんな葬儀にする?」「誰を呼ぶ?」「保険とか大切な書類は?」とか。
事前に信頼できる人を使って聞いておくのも幸せかと。
近頃は葬儀の形式が変わりつつあります。
それは、通夜も告別式も実施せずに故人を直接に火葬場に移動して、そこで最期とする”直葬(ちょくそう)"という方法も増加しているようです。
期待されることは、葬式の金額が低くなることや、出席者を限定できることです。
お葬式なんですが絶対しなければならなないという法律がある?実は、そんな法律はありません。
でも、遺族は火葬はしなければなりません。
義務です。
なので、実際は葬儀社に依頼する方法しかないんですよ。
葬儀に持参するお香典に入れるお金で注意したいのは新札はダメということ。
これは良くないことになってしまうから控えましょう。
香典の表書きは、仏教の場合御霊前、御香典、御香料ですね。
聞きますけど、費用がお安い”直葬”という方法をご存知でした?直葬を選んだ人の考えは「親の貯蓄がないから」っていう感じがほとんどかも。
また、「葬儀はやりたくない」と決めている人もも少なくないです。
様々な人たちの心の叫びのようですね。
こういう、薄汚れた紙幣やしわしわの紙幣を使うのも礼儀違反ですね。
仕方なく香典に使っていないお札しかないなら1回以上折って折り目などならいいんではないでしょうか。
これだと失礼にならないですね。
葬式の時の新札は、何か逝去の知らせを察知していたようでやっぱり失礼です。
なので、不祝儀には向いていないと考えられています。
不祝儀で避けたいこととして大事になるのがお香典に入れるお金。
住んでる所や宗教の違いもありますが新札は使用しないという事はほぼ同じということです。
いきなり病院で紹介された葬儀屋を決めるのは至難のワザですよね。
大雑把な見積もりとかなら断るべきか?だからネットでも安心できる大手がいいね。
心配なら内訳を見て追加がないか確認することです。
やらないといけないのはつらいけど、何があっても段取りよくやろうではありませんか。
一般的な葬儀なら故人をしのぶために、お通夜に友人や知人が集まってもらいます。
そして翌日に葬式と告別式を同じ日にやってしまうという感じで送り出します。
でも、故人の年齢が高い人とかだったら身内とお世話になった人だけでやってしまう家族葬(かぞくそう)という選択肢もあり。
あなたのお通夜と告別式は出来たらこうして欲しい希望はありますか?私だったら全部省略してもいいとみんなに言いたい感じです。
つまり、お通夜、告別式さえも行わないややこしさなしの儀式でいいと最近思っています。
すごく。

 

-葬儀費用

Copyright© 葬儀代払いたくない , 2019 All Rights Reserved.