葬儀代払いたくない

葬儀代を払いたくないので調べてみました

葬儀費用

貯金がないので葬儀費用の分割払いに応じてくれますか

投稿日:

葬儀費用の分割払いに応じてくれますか

現在の収入では到底納得できないけど葬式代も払えないあなたへ

葬儀代払いたくない

 

葬儀に用意するお金は、雑誌に載っていた記事によるとだいたい195万円前後という結果のようです。
でもこの金額はあくまでも平均的な数字です。
当然これより掛かって払えない喪主の方もいます。
ですから、通夜と告別式を1日で行う直葬(チョクソウ)でやって簡単にして簡略もできます。
今からドンドン高齢化がやってきます。
ということは、友だちや親戚も高年齢ということにになってるはず。
そしてなんですが、ご近所さんとの交流も減っているので家族葬でいいとなるわけです。
葬式の時の新しい紙幣は、既に逝去の知らせを察知している感じでやってはいけないことです。
ですから、葬儀には向いていないとという常識もあります。
お通夜に持参する香典に入れるお金でミスしそうなことですが、ピン札を入れてはいけません。
これは良くないことになってしまうから控えましょう。
そうですね、、薄汚れたお札やグチャグチャの紙幣を使用することも失礼になってしまいます。
普通の葬式なら亡くなった人のために、お通夜に身内やお世話になった方々に出席してもらいます。
そして翌日に葬式して告別式を一緒に行うという感じででお別れとなります。
それ以外にも、故人の年齢が高い人とかだったら身内とお世話になった人だけでやってしまう家族葬(かぞくそう)という選択肢もあり。
不祝儀のマナーになるになるのが香典に包むお札。
地域ややり方の違いもあったりしますがピン札は入れないという点はほとんど一致ということです。
いきなり病院で紹介された葬儀社を決めるのは至難のワザですよね。
大雑把な見積もりとかなら断るべきか?だからネットでも安心できる大手がいいね。
心配なら相場をあらかじめ知っておくことは大事。
やらないといけないのは分かっているけど、騙されないで段取りよくやりたいものですね。
親の年齢も考えると葬儀のことなど考えるべきです、あなたはそういう年齢ですか?なんでも、事前に準備するのが一番ですよね。
例えばですけど、「どんな葬儀にする?」「誰を呼ぶ?」「大事な書類の場所は?」など。
事前にそれとなく聞き出すのも幸せかと。
あなたのお通夜と告別式は出来たらこうして欲しいと思っていますか?私だったら葬儀なんていらないと思っています。
簡単に言うと、お通夜、告別式さえも行わないスッキリしたやり方でいいすごく思うようになりました。
本当に。
どうしても香典にピン札しかないなら1回以上折って折り目などをつけるならマナー違反にならないですね。
そですねマナーは守られてる感じ。
お葬式っていうのは必ずするべきだという法律はある?これは、法律のような義務はありません。
でも、遺族の方は火葬する義務はあります。
だから、ほとんど葬儀社に頼むしかないわけです。
最近は葬儀の形が変化してきています。
それは、通夜とか宗教儀式もせずに故人を直接に火葬場に移動して、身内だけでやる”直葬(ちょくそう)"もどんどん増えています。
いいことは、葬式全体の費用がお安いことや、出席者を限定できることです。
聞きますけど、問題もあるけど安い《直葬》というやり方があることを知ってた?直葬にした人の考えは「お金がもったいないから」っていう感じがほとんどかも。
意外にも、「葬儀はやりたくない」と考えてる人もも少なくないです。
様々な人たちの意見はあるものです。
香典袋の上の部分の文字は、どの宗派でも御霊前、御香典、御香料でした。

 

-葬儀費用

Copyright© 葬儀代払いたくない , 2019 All Rights Reserved.