葬儀代払いたくない

葬儀代を払いたくないので調べてみました

いろいろトラブルで葬儀費用が大きくなりかけた。

まだ見積もりだったので、勇気をだして、節約してみた。

葬儀社の担当者からは、いろいろ言われたが、「親の遺言」ということで押し切った。

でも、大変だった…

 
すぐにネットで探した葬儀屋を選ぶのは心配でしかありませんよね。

全部どんぶり勘定とか、にあったらどうしよう?だから色々と見積もり取るのもいいね。

それから、相場をあらかじめ知っておくことは大事。
 
 

火葬費用のお金がない時はどうする?

 

やることが多いのはつらいけど、何があっても段取りよくやりとげたいものです。

お通夜の時のピン札は、何か悲しいお知らせを分っていると思われるようでやっぱり失礼です。

ですから、お通夜には向かないと考えられています。

葬儀に持参するお香典に包むお金でミスしそうなことですが、ピン札を入れてはいけません。

これはマナー違反なので注意ですね。

どうしても香典に使っていないお札を使うなら1回以上折って使った感じをつければいいかも。

これなら失礼にならないですね。

お香典の表書きは、どの宗派でも御霊前・「御香典」「御香料」ですね。

 

葬儀費用を節約したいならどこから

 
葬式で避けたいことの一つがお香典のお札。

住んでる所ややり方の相違もあったりしますが新しい紙幣は入れないという点はだいたい一致な感じです。

分ったんですけど、費用がお安い《直葬》というやり方があることを知ってた?直葬を選んだ人の考えは「お金がもったいないから」というのが大半だとか。

意外にも、「お葬式はめんどくさいから」という人もいるようです。

様々な人たちの考え方はたくさんありますよね。

 

葬式がめんどくさいのでしたくない

 

こういう、薄汚れた紙幣やグチャグチャのお金を用いるのも失礼ですね。

葬式をすること事態は必ずするべきだという法律はある?実は、そんな法律はありません。

しかし、遺体は火葬しなければなない義務はあります。

ですから、通常は葬儀社にお願いするしかないわけです。

あまり考えたくないけど葬儀のことなどいずれやってきます、あなたはそういう年齢ですか?少しでも事前に準備しておくのが良いですよね。

例えばですけど、「どんな葬儀にする?」「誰を呼ぶ?」「重要な書類はどこ?」などなど。

なんとなく信頼できる人を使って聞いておくのも幸せかと。

投稿日:

Copyright© 葬儀代払いたくない , 2019 All Rights Reserved.